院長あいさつ

0AD8FBFC-424E-4E11-A9EB-C89870A6F632.jpeg

自明堂眼科のホームページにアクセスして頂き、ありがとうございます。

院長の笛田孝明と申します。

当院は、祖父・笛田藤蔵が眼科・内科の診療所として当地に「自明堂醫院」の名称で開業、

眼科医院として父・笛田孝雄が継承し、医療法人化。

3代目の私が「自明堂眼科」と院名変更し、現在に至っております。

 

私は、平成5年に金沢医科大学を卒業、同年に医師国家試験に合格し、

父も同窓である新潟大学医学部眼科学教室に入局致しました。

当時新潟大学眼科講師の安藤伸朗先生(現立川綜合病院眼科)にご指導賜り、

研修医1年目から、日本眼科手術学会学術総会にて演題発表させて頂きました。

研修医修了後に大学院進学の予定でしたが、父が体調を崩し、

自明堂医院閉院を回避するため、医師になって3年目で継承することになりました。

眼科医として全く未熟な状態での継承で、当院の大ピンチでしたが、

長岡赤十字病院眼科部長(当時)の武田啓治先生にご教授頂き、

白内障手術、外眼部手術、眼科一般診療を習得し、

規定の試験に合格し眼科専門医を取得することができました。

武田先生に感謝申し上げます。

 

私のモットーは、「良医であること、あろうと努力し続けること」です。

出身校である金沢医科大学の建学の精神の一つにも「良医を育てる」とありました。

患者様に優しく接するのは当然ですが、確かな医学的知識、技術がなければ

結果、患者様を不幸にしてしまいます。

地道な勉強、研鑽を続け、良医として皆様に貢献したいと常に思っております。

頑張ります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。