自明堂眼科

TEL 0258-32-1217

お問い合わせ

Vision loss in children子どもの眼の病気

子どもの眼の病気
TOP 診療のご案内

子どもの眼の病気

子どもの眼の病気

小学生の視力低下が増えています

子どもは、視力が低下していても、その見え方が「普通だ」と受け入れてしまいます。また、視力低下の原因は、近視だけではないので、眼科での検査をおすすめします。

こんな様子に気づいたら、受診しましょう

  • 物を見る時に、いつも頭を傾ける
  • 以前よりもテレビに近づいて観るようになった
  • よく見える方の片目を手で隠すと払おうとする
  • 目を細めるときが増えた
  • 眼がちょっと寄っているように見える

子どもの主な目の病気

そのほかの子どもの目の病気

また、こちらの病気の治療も行なっています(眼の病気と治療方法にリンクします)


子どもの近視

矯正のほかに自由診療も行っています

最近は、スマホやゲームの長時間の使用などから、小学生の視力低下が増えています。通常の近視は、メガネやコンタクトレンスなどで矯正が可能ですが、近年、問題になっている病的近視は、矯正しても十分な視力が得られません。低学年の頃から近視があると、大人になってから病的近視になってしまう恐れがあります。当院では、矯正だけでなく、近視抑制に効果的な点眼薬(マイオピン)やナイトレンズを使用した自由診療(オルソケラトロジー)も行っています。

※コンタクトレンズによる矯正は原則的に中学生以上からです。スポーツ目的などの例外はあります。

当院の治療方法

  • 眼鏡
    眼鏡
  • コンタクトレンズ<br><span>※中学生以上</span>
    コンタクトレンズ
    ※中学生以上
  • 自由診療
    マイオピン
    マイオピン
  • 自由診療
    オルソケラトロジー
    オルソケラトロジー

具体的な治療方法はこちら


乱視

眼鏡で矯正します

焦点を一点に合わせられないので、ものがぼやけたり、ちらついたり、二重に見えたりします。眼鏡で矯正します。軽度であれば、ナイトレンズによる自由診療(オルソケラトロジー)が適用できる場合もあります。

当院の治療方法

  • 眼鏡
    眼鏡
  • 自由診療
    オルソケラトロジー
    オルソケラトロジー

心因性視力障害

心因性視力障害とは?

眼には異常がなく、本来ならば1.0以上の視力が出るはずなのに、検査をすると視力が出なかったり、近くのものをみる視力も出なかったりします。小学校低学年から中学生の子どもに見られ、メガネをかけたいという願望や親の気をひきたい、学校生活や家庭生活に不安があるなど心の問題が原因です。

当院の治療方法

01来院して経過観察

来院して、検査をしているうちに視力が出ることが多いです。基本的に経過観察をします。

  • 経過観察
    経過観察
02カウンセリングなどができる医療機関をご紹介

子どもさんの不安などが強く、心の問題が改善されない場合、保護者の方の希望があれば、カウンセリングなどができる医療機関をご紹介いたします。

  • 他院のご紹介
    他院のご紹介

斜視

斜視とは?

両眼の視線を合わせる機能に問題が生じて、眼が違う方向を向いてしまいます。外見の問題だけでなく、様々な感覚障害を伴います。子どもは大人と違って、違和感を訴えることが少ないので、周りの大人が気づいたら、眼科にご相談ください。

※眼球を動かす筋肉の位置を手術でつけかえる必要がある時には、適切な病院をご紹介します。

当院の治療方法

  • 眼鏡
    眼鏡

弱視

早期発見、早期治療が大切です

通常、子どもの視力は8~9歳までに大人と同じ視力に発達しますが、この期間に視力が発達せず、眼鏡などで矯正しても視力が出ません。早期発見、早期治療が大切で、長期にわたる通院が必要です。

当院の治療方法

01 眼鏡による矯正

屈折異常の矯正をします。精密に検査して眼鏡を作り、常に装用し、くっきり見えるようにして視力を発達させます。

  • 眼鏡
    眼鏡
02アイパッチによる矯正

片目の場合は、良い方の眼にアイパッチを張って、弱視の眼を積極的に使って、視力の回復を図ります。

  • アイパッチ
    アイパッチ

SCROLL

TEL0258-32-1217

お問い合わせ
©︎ 自明堂眼科 all right reserved.